血族相続人

血族相続人とは

相続人には、血族相続人と配偶相続人の2種類がある。

血族相続人とは、被相続人と一定範囲の血族関係にあることにもとづいて相続権を有する者をいう。血族関係には、法定血族関係(養親子関係)を含む。

血族相続人に含まれるのは、①、②直系尊属、③兄弟姉妹であり、この順に相続人になることができる(民887条・889条)。

相続順位

血族相続人には順位があり、第一順位が子、第二順位が直系尊属、第三順位が兄弟姉妹となる(民889条)。

順位が後の者は、先の順位の者がいない場合に相続人となることができる。つまり、子がいない場合に直系尊属(親など)が相続人になり、直系尊属もいない場合には兄弟姉妹が相続人になる。

同順位の者が数人いるときは、共同して相続人となる。もっとも、直系尊属どうしの間では、親等の近い者が優先して相続人になる(同条1項1号ただし書)。

第一順位:子

血族相続人の第一順位は、子である(民887条1項)。

子が数人いるときは、共同して相続人となる。実子か養子かを問わない。ただし、他人の特別養子となった者は、親族関係が終了するので(817条の9)、実方父母の相続人となることはできない。

1947年(昭和22年)民法は、血族相続人の第一順位を「直系卑属」としていたが、1962年(昭和37年)改正によって「子」と定められた。